>> 百合ゲームセール情報(2024/7/12) <<

『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』発売直前インタビュー(妹熊凛乃役・稲荷結さん、清津千寿役・逢真井もこさん)

本記事では広告リンクを利用する場合があります。
『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』

大ヒットした『推しのラブより恋のラブ』(以下、推しラブ)のスタッフが再集結し、百合でオメガバース作品を作っちゃった!ということで、2024年2月22日(金)発売予定の『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』の制作陣にインタビューをしてまいります!

今回は、妹熊凛乃役・稲荷結さん、清津千寿役・逢真井もこさんにお話を伺います。

最後にはプレゼント企画もあります!!

稲荷結さん
稲荷結

美少女ゲーム声優として活動中。
『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』では初の百合作品に出演。
好きなことは歌うこと・イラストを描くこと・動画編集など。

X (旧Twitter) >

逢真井もこさん
逢真井もこ

主に18禁コンテンツで活動中の声優。
PCゲームやソーシャルゲームへの出演を中心に、4コマ漫画制作やゲーム配信なども行う。
よく食べよく笑うことを目標に活動中。

X (旧Twitter) >

関連記事 『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』のレビューを読む

目次(読みたいところをタップ)
聞き手・編集
真鶴コウ

真鶴コウ

声優として数々の百合作品に参加。2020年自らの百合創作サークルまなづる屋を発足。「百合」をライフワークに、精力的に作品制作に取り組む。

X (旧Twitter) >

聞き手・編集

真鶴コウ真鶴コウ

声優として数々の百合作品に参加。2020年自らの百合創作サークルまなづる屋を発足。「百合」をライフワークに、精力的に作品制作に取り組む。

X (旧Twitter)

おふたりについて

―― 自己紹介をお願いします!

稲荷結さん(以下、稲荷):はじめまして!声優の稲荷いなりゆいです。実はリップ集めが好きで常に5~6本ほど口紅やリップを持ち歩いていたりします(笑)。よろしくお願いいたします!

逢真井もこさん(以下、逢真井)逢真井あいまいもこです。主に美少女ゲームなどで声優として活動させて頂いています。趣味はゲームや4コマ漫画です。山登りも好きです。

―― 「百合」はお好きですか?

稲荷:もちろん百合は好きです!かわいい女の子のかわいいやり取りが見たいと学生時代から百合作品のアニメや漫画を見ていました。

『リップ・トリップ』の収録を終えてからももっと色んな百合作品に触れたいとKindleなどで色々漁っています(笑)。

逢真井:詳しくはありませんが好きです。はじめて触れた作品はタカハシマコ先生の『乙女ケーキ』(百合姫コミックス)でした。志村貴子先生の『青い花』(Fx COMICS)も大好きです。

―― 「百合オメガバース」という企画を聞いて、最初の印象はいかがでしたか?

稲荷:お恥ずかしながらお話をいただくまで“オメガバース”というジャンルはちゃんと知らなかったんです。なので事前に勉強しておこうとオメガバースを題材にした作品を色々見ましたね。

やはりどちらかというとBL作品に多い設定でオメガバース×百合作品はなかなか見かけなかったので、『リップ・トリップ』は本当に新しいジャンルの作品なんだ……!と緊張と同時に日に日に期待がふくらんでいきました。

逢真井:オメガバースは知っていたのですが、百合のイメージがあまりなかったので驚きました。「可愛い女の子達が第2の性に翻弄されてしまうの……?いいね……」となりました。

キャラクターについて

―― 稲荷さんから見た凛乃はどんな女性ですか?

稲荷:自身のΩ(オメガ)という体質で苦労してたり生きづらさも感じながらも、やりたいことを諦めず仕事にまっすぐ向き合う姿がかっこいい女性です。私は基本敵に打たれ弱いネガティブな性格なので憧れます……(笑)。

―― 逢真井さんから見た千寿はどんな女性ですか?

逢真井:とても真面目で心優しい人だと思います。目端がきいて、思いやりと気配りが上手です。それがどこか不器用さにも繋がっている気がして可愛いです。あと、とても耐える人です。とにかく耐える。

―― 初めて役に出会った時の印象は? 自分に似てるところはありますか?

稲荷:立ち絵のイラストを見たときはふわっとしたおしゃれで今どきの女の子だと感じたのですが、中身はすごく芯がしっかりしているんですよね。

普段は勝気な性格だけど発情(ヒート)してる時の、か弱さのギャップがとてもかわいいなと思いました。

逢真井:「こんな綺麗で有能なタチを私が……責任重大ぞ……」と思いました。

自分にはあまり似ていないかも。趣味に陶芸とありましたが、私もいつか陶芸をやってみたいなと思っていたので強いて言うならそのあたりでしょうか。

『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』妹熊凛乃
妹熊凛乃
『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』清津千寿
清津千寿

収録について

―― 役作りで取り組まれたことや、収録までに準備されたことなどありますか?

稲荷:やはり凛乃視点で物語が進んでいくのでユーザーの皆さんが作品に入り込みやすいように自然なお芝居をできたらなと意識はしていました。

凛乃はまっすぐで行動や表情もわかりやすいので深く悩まずに割とストレートに演じることができたのかなと思っています。

逢真井:百合作品や、オメガバース作品を改めて読んでみたりしました。あとは体調管理に気を付けてました。

―― 収録はいかがでしたか?感想をお願いします。

稲荷:何度も台本を読んで当日まで準備してきたけど収録は本当にあっという間で……。とにかく終わるのが名残惜しかったですね(笑)。

録り終わった瞬間に早くも「この先の2人の物語が見たいなぁ。また凛乃を演じたいなぁ……」と思って帰り道もずっと考えてました。

逢真井:私はものすごく緊張しいなので、やはりとても緊張しました。作家さんのこだわりがたくさんつまった作品なので、それにお応えしたく頑張りました。

―― 印象的だったことやエピソードなどあれば教えてください。

稲荷:収録のはじめに声のイメージやキャラの擦り合わせをするときのお話なんですけど、凛乃は見た目が可愛らしいので最初は“きゃぴっと感”強めの可愛さを出していたのですが、やはり社会人なので仕事に真面目なところや大人の部分を現場で擦り合わせながら調整していきました。

逢真井:稲荷さんとお茶をした際に、この作品について色々お話して楽しかったです。ちょっと凜乃に似てるなってこっそり思いました。

―― 役を演じるうえで一番こだわったこと、気を付けたことなどあれば教えてください。

稲荷:発情(ヒート)してる時のお芝居ですね。気持ちとは裏腹に身体が発情していくシーンをどう魅力的に色っぽく魅せられるかなと考えながら収録に臨みました。声の震え方や息苦しさなど、うまくそのあたりが表現できていたらいいなと思います。

逢真井:お仕事の場ではテンポよく、でも凜乃との空間では優しさや弱さがにじむようしっとりしゃべりたいなと思ったので、そのあたりは注意深く取り組みました。

―― 役を通してこんなことが伝わったらいいなというものはありますか?

稲荷:2人の関係にいっぱいどきどきしてほしいのはもちろん、お仕事ストーリーなので凛乃達みたいに自分もお仕事頑張ろうと前向きな気持ちになってもらえたらうれしいなと思いました!

逢真井:きゅんとしてもらえたら一番いいなと思います。「なんだかこの二人いいなあ……幸せにおなり……もっと見せて……」という気持ちになってもらえたら重畳です(私が百合作品から補給しているのはそういう感じのものなので)。

注目ポイントについて

―― はじめて台本を読んだ時の印象は?

稲荷:オメガバースはファンタジーといいますか非日常な設定でありながら、今回の舞台はオフィスなので、お仕事の話などリアルな設定でとても作品に入り込みやすいなと感じました。百合作品にあまり触れてこなかった方もこれは絶対楽しめる!と確信しました。

逢真井:台本を頂くのはいつだってとても嬉しいですが、百合作品は初めてだったので感慨深いものがありました。触れ合うシーンがしっとりして静かで綺麗で、でもとてもどきどきしました。

―― 稲荷さんの思う『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』のみどころは?

稲荷:自分の意思に反して発情しちゃうというオメガバースの魅力的な設定と、2人の距離がどんどん縮まっていく魅力的なストーリー、2つの意味でドキドキしてしまう素敵な世界観……でしょうか!

えっちなシーンでは2人の体温、匂い、心情など丁寧に繊細に描かれているので、百合作品の尊さや魅力がたくさん伝わればいいなと思います。

逢真井:運命的に第2の性に引っ張られて、でもゆっくりじっくり気持ちが重なっていく2人を楽しんでもらえたらと思います。

―― おすすめのシーン・お気に入りのシーンなどありましたら教えてください。

稲荷:出張先で神社に行くシーンがあるんですけど、千寿さんの普段見せない表情が見れて凛乃がぐっと惹かれていくところが好きです。

参道を歩いたり絵馬を書きながら2人が『リップ・トリップ』というタイトルにもある「旅行」に憧れていたと話をするシーンもお気に入りですね。

逢真井:個人的にはエレベーターのシーンが好きです、えっちだなと思ったので。

―― 最後に作品を待つファンの皆様へメッセージをお願いします。

稲荷:改めてこんなにも素敵な作品に参加出来ること、大変嬉しく思っています。初めて百合ゲーを体験する方はもちろん、百合作品が好きな方、SukeraSomeroファンの皆さんにも楽しんでいただける素敵な作品です!私も今からゲームをプレイするのが待ち遠しいです!どうぞよろしくお願いいたします!

逢真井:初めて百合作品に出演させて頂きましたが、もっと「百合」が好きになりました。近づいたり離れたり、とても可愛い2人なので是非お楽しみに!

―― ありがとうございました!!

制作の裏側を垣間見ると、また違ったゲームのおもしろさが見えてきます。
2024年2月22日(金)発売予定の『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』
ぜひ、プレイしてみてくださいね!

文責・真鶴コウ

プレゼント企画

『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』の発売を記念して、稲荷結さん(妹熊凛乃役)&逢真井もこさん(清津千寿役)の直筆サイン色紙を抽選で1名の方にプレゼントします。ぜひご応募ください!

『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』稲荷結さん(妹熊凛乃役)&逢真井もこさん(清津千寿役)の直筆サイン色紙

応募方法

以下、1、2をすべて行うことで応募完了となります。

  1. ゆりりかるのXアカウント(@yulyrical)をフォロー
  2. 以下のポストをリポストする。

開催期間応募締切
2024年2月21日(水) 18:00 〜 2月27日(火) 23:59

賞品
稲荷結さん(妹熊凛乃役)&逢真井もこさん(清津千寿役)の直筆サイン色紙×1名 (SukeraSomero提供)

当選発表
2024年2月28日(水) 以降にSukeraSparo/SukeraSomero公式Xアカウント(@SukeraSparo)、もしくは、ゆりりかる公式Xアカウント(@yulyrical)から当選者にDMにてご連絡します。

注意事項

  • 賞品の発送先は日本国内のみです。発送はSukeraSparo/SukeraSomeroが行います。
  • 非公開アカウントやボット、懸賞応募用アカウント、DMが送信できない場合は応募対象外とみなします。
  • 当選後に提供いただいた個人情報は、賞品発送にのみ使用します。
  • 賞品の転売行為が発覚した場合、当選を取り消し、賞品は返却して頂きます。
  • Xや関連ツールなどの予期せぬ障害が発生した場合、当企画を予告なく変更・中止させて可能性もございます。あらかじめご了承ください。
  • 応募に際して、応募者の方が何かしらの損害を被った場合でも、弊サイトおよび、SukeraSparo/SukeraSomeroは責任を負いません。

関連記事 『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』のレビューを読む

\ 最新ニュースやセール情報を発信 /

\ 動画コンテンツもチェック /

\ ゆりりかるの秘密基地 /

このページで使用しているゲームキャプチャ画像はデベロッパー、パブリッシャーの著作物です。転載、配布等は禁止いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次(読みたいところをタップ)