>> 百合ゲームセール情報(2024/7/12) <<

『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』発売直前インタビュー(ゲームディレクター:SAMUさん、キャラクターデザイン:千種みのりさん)

本記事では広告リンクを利用する場合があります。
『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』

大ヒットした『推しのラブより恋のラブ』(以下、推しラブ)のスタッフが再集結し、百合でオメガバース作品を作っちゃった!ということで、2024年2月22日(金)発売予定の『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』の制作陣にインタビューをしてまいります!

今回は、ゲームディレクターのSAMUさんと、キャラクターデザインの千種みのりさんにお話を伺います。

SAMUさん
SAMU

SukeraSuparo/Somero/Sonoの制作に関わってる人。
リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~ ディレクター・演出
最近自分でレコードをカッティングして遊んでいる。

X (旧Twitter) >

千種みのりさん
千種みのり

イラストレーター、漫画家
【志乃と恋】更新中 /【好都合セミフレンド】連載中

X (旧Twitter) >

関連記事 『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』のレビューを読む

目次(読みたいところをタップ)
聞き手・編集
真鶴コウ

真鶴コウ

声優として数々の百合作品に参加。2020年自らの百合創作サークルまなづる屋を発足。「百合」をライフワークに、精力的に作品制作に取り組む。

X (旧Twitter) >

聞き手・編集

真鶴コウ真鶴コウ

声優として数々の百合作品に参加。2020年自らの百合創作サークルまなづる屋を発足。「百合」をライフワークに、精力的に作品制作に取り組む。

X (旧Twitter)

作品全般について

―― 「百合オメガバース」の作品ということで、企画を聞いた最初の印象はいかがでしたか?

SAMUさん(以下、SAMU):オメガバース自体は以前から知ってはいたんですが、きちんと触れる機会がなかったので、企画を聞いた際に是非やりたいし勉強したいと思いました。BLでの作品が比較的多い中、百合でももっと描けるとも思っていたので是非やりたいと思いました。

千種みのりさん(以下、千種):二次創作などでは見かけますが、オリジナルの商品として創られるものはあまり見かけないので新鮮だと思いました。

―― 実際に物語に触れられて、印象が変わったことなどありましたか?

SAMU:これは『リップ・トリップ』ないし、百合オメガバースに限った事ではなく、オメガバースという世界観により深く感銘を受けました。正直、当初はこういう要素が良いんだろうなと考えていたのですが、それは一部の要素だけだったのでもっと描き方があるんだと思いました。

キャラクターデザイン・イラストについて

―― 凛乃と千寿のキャラはどのようにして生まれたのでしょうか?

SAMU:基本設計は企画・脚本のオグリさんが作成し、キャラクターデザインは原画の千種さんに行って頂きました。僕の作業はその上でゲームという作品上で動かすために必要な要素を追加させて頂き、管理させて頂きました。どれも素敵な物になりました!

―― キャラクター制作中に一番大変だったことを教えてください

千種:差分をたくさん用意するという作業の経験があまりなく、苦手だったので苦労しました。

―― お気に入りの一枚は?

SAMU:凛乃が仕事中にフルーツサンドを食べているシーンが可愛くて好きです。差分でフルーツサンドの具も変わっています。収録の際にオグリさんが差し入れでフルーツサンドを持ってきて頂いたのも思い出です。

千種:1枚目の傘を差し出すシーンのイラストは、最初に描いたこともありお気に入りです。

ゲームの制作について

―― OP曲制作などで印象的だったことなどありますか?

SAMU:今回は前作と違い大人っぽい雰囲気の曲にしたいと思い、作曲家のよる。さんと色々と打ち合わせをして制作しました。

イメージをお伝えしてから直ぐにほぼイメージ通りのラフが上がってきて、そのまま収録までかなりスムーズに進んでいきました。ムービーも合わせて凄く良いOPが作れたと思いますので沢山聴いて下さい!

―― ゲーム全体の制作は順調でしたか?

SAMU:作品サイズ的には短いタイトルではありますが、並行して様々な制作も行っており、頭の整理が追いつかずに制作チームに迷惑をかける事が多々ありました。けして順調とは言い辛い現場ではありましたが、無事完成できて本当に良かったです。一緒に制作していただいたチームの皆さんには本当に感謝しています。

―― 制作現場で一番大変だったことはなんですか?

SAMU:ディレクターとして現場に携わったのはブランド前作の『推しのラブより恋のラブ ~ラブ・オア・ダイ~』からで、そちらは引き継ぎという形だった為、既に出来上がっている物がある状態からのディレクションでした。

今回はゼロベースからの制作だったので色々な細かい事に手が届かない事も多く至らない部分が本当に多かったと思いました。

また、オメガバースという世界観自体に造詣が深い訳でも無い為、自分の描きたい物を一旦抑えオグリさんの世界観をどこまで表現できるかを意識して制作しています。ただ、自分で考えて行かなければならないという強迫観念があり、そこに時間を使ってしまい、相談すれば早く解決できたという事がいくつもありました。

ファンの皆様へ

――『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』のみどころは?

SAMU:素敵な社会人百合作品に仕上がったと思います。衝動にかられて突き進むような青春物も素敵ですが、大人として芯を持ちながら体質や環境に振り回されてもお互い向き合っている作品です。

―― 最後に作品を待つファンの皆様へメッセージをお願いします!

千種:オメガバースならではの世界観やそれにともなった2人のやり取りが、他の百合作品にはない素敵なものだなと感じたのでぜひ楽しんでいただければと思います。

SAMU:社会人百合作品としても百合オメガバース作品として、まだ触れた事がない人の入り口になれる作品になったと思います。百合は学生物ばかりだったなぁという方やオメガバースはまだ知らなくてという方にも楽しめる作品になっていますので、興味がある方は是非楽しんでいただきたいです!

―― ありがとうございました!!

制作の裏側を垣間見ると、また違ったゲームのおもしろさが見えてきます。
2024年2月22日(金)発売予定の『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』
ぜひ、プレイしてみてくださいね!

文責・真鶴コウ

関連記事 『リップ・トリップ~編集長(ボス)はわたしの解熱剤~』のレビューを読む

\ 最新ニュースやセール情報を発信 /

\ 動画コンテンツもチェック /

\ ゆりりかるの秘密基地 /

このページで使用しているゲームキャプチャ画像はデベロッパー、パブリッシャーの著作物です。転載、配布等は禁止いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次(読みたいところをタップ)